コレステロールを下げる秘訣|5大栄養素とカロリー摂取量の重要性

シニア

サプリメントを活用しよう

錠剤

EPAは青魚などに多く含まれている不飽和脂肪酸のことを言います。効率良く摂取する方法としてはサプリメントが有効的です。サプリメントは誰でも使用しやすいですし摂取量を調整できます。

Read More

見落としがちなポイント

男性女性

ヘモグロビンa1cは血液検査を行なった際に、よく見かけるワードでしょう。ですが血糖値ばかりに着目し、このヘモグロビンa1cをスルーしている人は多いのです。糖尿病予防のためにもしっかりと確認しておきましょう。

Read More

更年期には漢方薬を試そう

漢方

女性は40歳後半を迎えたあたりから、更年期という症状を迎える人が多くなります。更年期の症状を改善するために漢方薬が多く使用されます。漢方薬は身体への負担が少ないのが特徴です。

Read More

健康的なライフスタイル

男性

よくコレステロールの数値をやたら気にする人が多いです。では数値が高い状態だと何がおこるのか。と聞かれた時に詳しく答えることが出来る人はどれだけいるのでしょうか。数値を下げることがなんとなく身体に良いことだということは分かっていても、その具体的な病気へのリスクなどを把握していなければ、継続した治療を続けていくことは出来ません。コレステロールを下げる取り組みをする前に、まずは値が高いことで引き起こされてしまう健康への影響を確認していきましょう。

まずコレステロールとは血液中の脂質のことを言います。血液中には他にも中性脂肪やリン脂質、遊離脂肪酸などがあります。血液中のコレステロールの数値が平常値を超えると高脂血症となります。このコレステロールが高い状態が続くと、血管の内側にアテロームと呼ばれる塊が発生します。このアテロームは血管を硬くし、結果的に動脈硬化を引き起こしてしまうのです。動脈硬化は脳梗塞、心筋梗塞などの命の危険にも関わる重篤な病気を起こしてしまうのです。これがコレステロールを高いままにしてはいけない主な理由になります。

数値を下げる方法としは、食事療法が1つの手段としてあります。食事療法ではタンパク質や脂質、糖質、ビタミン、ミネラルをバランス良く摂取するということが基本です。そこでさらに摂取カロリーの抑制をすることが重要です。これは脂肪や糖分、コレステロールを多く含んでいる食品の摂取をできるだけ控えるというのが重要になります。健康的な生活を取り戻すためにも、意識的に取り組んでいきましょう。