コレステロールを下げる秘訣|5大栄養素とカロリー摂取量の重要性

笑顔の男性

更年期には漢方薬を試そう

漢方

女性はある一定の年齢を迎えると更年期を迎えます。更年期は40歳後半から50歳前半の女性に多く見られます。更年期の身体的症状としては、頭痛や目眩、動悸、倦怠感、ホットフラッシュなどがあります。また精神的な症状では神経過敏や原因不明のイライラ、睡眠障害など様々です。これらの症状が出始めた人は更年期を疑ってみましょう。

更年期を迎えた女性の多くが利用している解決方法の1つに漢方薬があります。漢方薬は一般的な薬よりも副作用をおこす可能性が低いですし、更年期の患者さんの体調や症状に合わせて、最適なものを選択することが出来ます。そのため漢方薬は更年期の女性には非常に効果的な解決方法ということが出来るのです。

更年期の症状に効果がある、漢方薬の種類としては当帰芍薬散や加味逍遥散、桂枝茯苓丸などがあります。非常に読みづらい名前が特徴なこれらの漢方薬は、患者さんの体力に応じて選択することで、より高い改善効果を実感することが出来ます。1つめの当帰芍薬散は身体が弱っている人に向いている漢方薬です。腰の痛みや肩こり、貧血などに効果があります。そして2つめの加味逍遥散は若干体力がある人向けの漢方薬になります。この漢方薬は精神的な症状に効果を発揮します。イライラや不眠症状、倦怠感を感じている人は試してみましょう。そして3つめの桂枝茯苓丸は体力がある人向けの漢方薬になります。全身のほてりや便秘、冷え性などの悩みを解消してくれます。漢方薬を活用して辛い更年期を乗り越えていきましょう。