コレステロールを下げる秘訣|5大栄養素とカロリー摂取量の重要性

笑顔の男性

見落としがちなポイント

男性女性

健康診断の中の血液診断を受けたことがある人は、ヘモグロビンa1cというワードよく目にするでしょう。このヘモグロビンa1cは血液の中のブドウ糖とヘモグロビンが結合したものを言います。ではまずこのヘモグロビンとは何なのかということから説明していきましょう。ヘモグロビンとは赤血球の蛋白のことです。このヘモグロビンは体内の隅々に酸素を運ぶという機能があります。 このヘモグロビンは体内の血管を通りながら酸素を運び続けるのですが、その際に糖分と結合していくという特徴があります。そのため体内に糖分が多い状態だと、ヘモグロビンa1cの数値が高くなるのです。ヘモグロビンa1cを下げるためには食事療法が効果的です。ヘモグロビンa1cを下げる食事療法のポイントとしては、まず過剰なカロリー摂取を防ぐということが大切です。次にカロリー摂取量を抑制するだけでなく、5大栄養素が整っている食事を積極的に摂るようにしましょう。そして一番大切なのが途中でやめないということです。何事も継続することでその効果を実感することが出来ます。しっかりと対策を取りヘモグロビンa1cを正しい数値に戻しましょう。

血液検査の結果でヘモグロビンa1cの数値が高い人は、すなわち糖分が身体の中に余っている状態であるということが分かります。この状態を放置していると糖尿病を引き起こす可能性があるため、早い段階で対策を考えることが重要です。健康診断を受けた時に血糖値の数値ばかりを気にしている人が多いですが、ヘモグロビンa1cにもしっかりと注目し、然るべき対策を取ることが重要です。